ビンゴ5 ってなに?当選確率を徹底解説




学校や職場の行事などで親しまれているビンゴゲーム。

じつは、宝くじにも「ビンゴ5」という、ビンゴゲームと同じ仕組みのものがあるのをご存じですか?

シンプルで馴染み深く、それでいて自分で数字を選択する楽しさを味わえる「ビンゴ5」の魅力を、みなさんにご紹介します!

 

ビンゴ5とは?

ビンゴ5とは、広く親しまれているビンゴゲームの仕組みを利用することで、より楽しみやすく工夫された数字選択式の宝くじです。

ビンゴ5の申し込み用紙には、タテとヨコに3マスずつ、合計9個のマスがあり、ビンゴゲームと同じように中央にFREEのマスがあります。

それぞれのマスには候補となる数字が5つずつ書かれていて、その中から好きな数字を選んでFREE以外の8個のマスを埋めます。

そして、毎週水曜日になると各マスの数字が抽選され、抽選で選ばれた数字と自分の選んだ数字が一致して、タテ、ヨコ、ナナメのいずれかのラインがそろえば、当せん金をもらうことができるという仕組みです。

ビンゴ5は、1年中購入することができます。

年末年始を除いた毎週水曜日に数字の抽選が行われて、全国の宝くじ売り場、新聞webサイトで抽選結果が公開されます。

追記:2021年1月5日よりネット購入も可能になりました。

さらに、抽選会の様子はインターネットでLIVE配信もされているので、リアルタイムで楽しむこともできます!

ビンゴ5の購入方法

ビンゴ5には、決められた申し込み方法があります。

いざ購入するときに困ることがないように、ぜひこちらを参考にしてください。

1.購入方法

ビンゴ5は、全国の宝くじ売り場で購入することができます。

1口あたり200円で、毎日8~20時まで購入することができるので、日中お仕事が忙しいという方でも問題なく購入していただけます。

2.申し込み方法

ビンゴ5の申し込み用紙には、中央のFREEマスを除いた8つのマスがあり、それぞれのマスごとに1つ選べる数字が決まっています。

以下の表をビンゴ5の申し込み用紙に見立てて、それぞれ選べる数字をご説明します。

1~5

6~10

11~15

16~20

FREE

21~25

26~30

31~35

36~40

このように、それぞれのマスに自分で数字を選んで、タテ、ヨコ、ナナメのラインをそろえることを目指します。

勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、5個の数字から1つを選んでマスを埋めるので「ビンゴ5」なのです。

3.2通りの組み合わせを選ぶ

ビンゴ5の申し込み用紙には「A」と「B」があり、最高で2通りの組み合わせを選ぶことができます。

おなじ仕組みの数字選択式ロトは、最高で5通りの組み合わせを選ぶことができますが、ビンゴ5の場合は2通りなので覚えておきましょう。

ビンゴ5は当たる

ビンゴ5は、普通の宝くじとはちがって「当選したライン数」によって賞金額が決まります。

等級は7通りあり、それぞれ当せんする確率がちがうので、それぞれの条件と確率を表にまとめてご説明します。

等級

ライン数

当せん確率

1等

8ライン

1/390,625

2等

6ライン

1/24,414

3等

5ライン

1/8,135

4等

4ライン

1/2,035

5等

3ライン

1/313

6等

2ライン

1/60

7等

1ライン

1/7

成立したライン数によって等級が決まり、もちろん等級が高くなればなるほど確率も難しくなります。

1等の場合は約40万分の1なので、確率としては厳しいかもしれませんが、3等以降になると1万分の1以下になるので、かなり当たりやすい確率です。

さらに、3等と4等は平均的に2~5万程度の賞金がもらえるので、思い切ってまとめ買いして確率を上げるのもオススメです!