ジャンボ宝くじってなに?種類や当選確率を徹底解説




数ある宝くじのなかでも、桁違いの大金を手にすることができるのが「ジャンボ宝くじ」です。

1等を当てれば、5億円、7億円、前後賞も合わせれば10億円…。

1枚あたりたったの数百円で買えるものが、運さえよければこんな大金に変わるのです!

この記事では、そんなジャンボ宝くじの種類や魅力についてご紹介します。

ジャンボ宝くじとは?

「ジャンボ宝くじ」とは、あらかじめ決められた「組」と「番号」が、抽選によってランダムに決められる宝くじのことです。

ジャンボ宝くじはいくつかの種類があり、時期になるとCMなどでも大々的に広告されます。

知名度も高く、賞金額がとても大きいので、日本国内で最もポピュラーな宝くじです。

ジャンボ宝くじの種類

ジャンボ宝くじは、大きく分けて5種類あります。

それぞれに特徴があるので、わかりやすくご説明します!

1.バレンタインジャンボ宝くじ

バレンタインジャンボ宝くじは、2~3月頃に発売される、バレンタイン期間限定の宝くじです。

1等・前後賞合わせて3億円の「バレンタインジャンボ宝くじ」と、1等・前後賞合わせて3,000万円の「バレンタインジャンボミニ」があります。

2.ドリームジャンボ宝くじ

ドリームジャンボ宝くじは、4~5月頃に発売される宝くじです。

等が3億円、前後賞合わせて2憶円なので、1等・前後賞合わせて5億円という、その名のとおり“ドリーム”に満ちた宝くじです!

さらに、1等が1,000万円で、本数がドリームジャンボ宝くじよりも多い「ドリームジャンボミニ」もあります。

3.サマージャンボ宝くじ

サマージャンボ宝くじは、7~8月に発売される宝くじです。

1等が5億円、前後賞合わせて2億円で、1等・前後賞合わせて7億円という、ドリームジャンボ宝くじを越える豪華な宝くじです。

さらに、1等が1,000万円で配当本数の多い「サマージャンボミニ」もあるので、こちらもオススメです!

4.ハロウィンジャンボ宝くじ

ハロウィンジャンボ宝くじは、10~11月頃に発売される宝くじです。

1等が3億円、前後賞合わせて5億円という豪華な宝くじですが、1等が1,000万円で配当本巣の多い「ハロウィンジャンボミニ」もあります。

5.年末ジャンボ宝くじ

年末ジャンボ宝くじは、11~12月に発売される宝くじです。

1等が7億円、前後賞合わせて10億円という超豪華な宝くじで、1等が3,000万円、前後賞合わせて5,000万円の「年末ジャンボミニ」もあります。

【注意点】

注意ポイント

宝くじを購入するにあたり、1つだけ注意していただきたいことがあります。

それは「回号によって発売時期と賞金額がちがう」ということです。

今回ご紹介した金額は、あくまで参考の金額です。

発売される時期や賞金額が変わることもあるので、購入される前にしっかりと確認してください。

ジャンボ宝くじは当たりやすいのか?

とても魅力的なジャンボ宝くじですが、どれだけ当たりやすいのでしょう?

たとえば、1等7億円だった2018年のデータを参考にしてみましょう。

最高賞金である1等を当てようとした場合、当せんする確率は約2,000万分の1となります。

宝くじは、数あるギャンブルのなかでも一番還元率(投資したお金が戻ってくる割合)が悪いといわれています。

この確率を見れば、たしかに納得できますね。

ただし、これはあくまでも1等を当てると考えた場合の確率です。

前後賞やジャンボミニを当てるのであれば、その本数に応じて当せんする確率も上がるので、諦めずに“夢”を買いましょう!